7130X認定試験、7130X問題集、7130X勉強材料、7130X勉強資料

9 Sep

TestpassportはAvaya ACIS 7130X認定試験を受験して資格を取得するのはあなたの最もよい選択です。
最も高効率なAvaya ACIS 7130X問題集は、きっと良いツールを利用することです。
実際のAvaya ACIS 7130X認定試験と同様に、複数の選択肢の質問は、あなたが試験に合格するのに役立ちます。
それに、万一の場合、弊社のAvaya ACIS 7130X勉強問題集を利用してからやはり試験に失敗すれば、Testpassportは全額返金のことを約束します。
いつでもどこでも問題を学ぶことができるために、弊社のAvaya ACIS 7130X問題集をダウンロードしてプリントアウトすることができます。
当社のAvaya ACIS 7130X(Avaya Aura® Communication Applications Integration Exam)勉強資料を使用すれば、短期特別なトレーニングを通じて、すぐにITの専門的な知識を把握してから、7130X試験のための良い準備を持つことができます。
弊社のAvaya ACIS 7130X勉強材料は包括的であり、価格は認証の成功率は100%であり、プロのIT認定サイトです。
弊社のAvaya ACIS 7130X問題集は候補者の大多数の重大な利益を提供するためにコミットして、候補者のニーズを満たすために自分自身の専門の心と経験を使用しています。
弊社のAvaya ACIS 7130X(Avaya Aura® Communication Applications Integration Exam)練習問題集を使用すると、常に高いレベルに到達するための独自の知識を向上させています。
当社のAvaya ACIS 7130X勉強資料は、試験が必要なすべての質問に含めています。
Avaya ACIS 7130X問題と解答に関する質問があるなら、当社は直後に解決方法を差し上げます。

1.Before SIP Trunking configuration can begin, which state must the Avaya Session Border Controller for
Enterprise (SBCE) be in?
A. Registered
B. Provisioned
C. Commissioned
D. Ready
Answer: C
Explanation:
Prerequisite Conditions for SIP Trunking
Starting point for SIP-trunking administration:
System Management > Installed tab shows SBC(s) Commissioned indicates a successful initial console
configuration.
References: Avaya Aura Session Border Controller Enterprise Implementation and Maintenance (2012),
page 302

2.After the initial provisioning script has been run you see your Avaya Session Border Controller for
Enterprise (SBCE) displaying a Registered state in the Web GUI. You click on the install link in the EMS
System Management > Devices menu to continue the installation.
After displaying a status of Provisioning for a short while, which status does the SBCE display?
A. Commissioned
B. Up
C. Busyout
D. Maintenance-Busy
Answer: A

3.From a remote worker’s SIP Endpoint connected via Mobile Workspace, which tool is used to trace the
successful way through Avaya Session Border Controller for Enterprise (SBCE) of an Invite message?
A. traceRT
B. traceSM
C. traceMW
D. traceSBC
Answer: B
Explanation:
traceSM is an interactive perl script that allows an administrator to capture, view, and save call processing
activity on a Session Manager. While not as powerful or versatile as wireshark, traceSM is absolutely
essential when it comes to working with Avaya SIP. First off, it allows you to view SIP messages even if
they have been encrypted with TLS.